疑わしきは罰せず


こんにちは、最近動向が気になるニュースは、将棋界のあのニュース。そう!三浦弘行九段に対して将棋ソフトによる不正の疑いが指摘されているあれです。

しかもその疑いを九段様がかけられてるんですから、どうなってんだよ!ってなもんで、例えるならフレンチの鉄人、坂井 宏行氏の料理を「クックパッドみたんじゃねーか?何回も厨房裏にいってたぞ」ってなもんなわけです。やばー。

しかし、プロ。いや九段と言えばプロじゃない!トッププロだ!トップだ!それこそ、将棋の世界では神といってもいわなくてもとにかく後光が眩しくさしているはずなのだ。そんなお方が、不正をするのか…?するはずがない。そういった性善説で成り立っていた世界…そうこれまでは。時代は進み私たちは今やポケットにコンピューターをしまい持っている。つまり、このことがこれまで不可能とされていたことを可能にする。つまり不正をやろうと思えば出来るということ。悲しいことに。

ここに、この問題のなんかモヤッとする感じがあるんでしょうね。狭間で結論をだせない、しかし。羽生三冠が先日。










SNSにてコメントされていて、あー!ってことでそうだよな...。

とりあえず、もう証明が双方できないなら、今回のこの事件をせめて教訓に。これまで当たり前だったことに疑問を持ち。そういう時代にきているということで、今後こんなわっけわかんないことになんないよーに新しいルール作りしてほしいよ。後、三浦弘行九段、無実を信じる人のためにも大きな声で証明して頂きたい!!



おまけ

全体的に哀愁のような空気が全体を包みこみ。そこに人間臭いストレートな言葉が刺さることで、私の心の底に潜む得体のしれないナニかが、息苦しさから抜け出そうとうずく。気づけばリピートしている。以上。

Fantôme/宇多田ヒカル

この記事は参考になりましたか?

Sponsored Link