[鹿児島市中央町] 自家製麺で有名なjangoうどんへ


先日、Jangoうどんに行って参りました。前々からopenしている事は知っていたのですが、うどんよりも蕎麦派である私、スルーしていたのですが...。「体に優しい温かい食べ物」がテーマで昼食探しをしていて、なんだかんだで行く事が決定。


場所はこちら!


名前からもわかりますが、ベル通りのラーメン屋の[Jango]とは姉妹店のようですね。(あってるよね?)
そういえばjangoのラーメンを前に行った際は「製麺ダイニング」と唱っていましたから、きっと、うどんの麺も作っちゃおうてな感じだったのでしょうか?調べると、「jangoうどんの麺は北海道産小麦粉100%で毎朝製麺している」とのことで、本当に麺、命という感じですね!期待です。





メニューです。自分は海老ちく天うどんセット。メニューの一番上はオススメだろ!ってな気持ちで選びました。そして相方には、心の中で「天然真昆布とろろうどん」 or 「jangoレッドうどん」の二択を選んで欲しいとおもっていたのですが、牛肉カレーうどん(フライドポテトのせ)をチョイスしていました。心の中で「その発想はなかったが…アリや…。」と生唾を飲んだのでした。


それはそうと、ここの場所自体は夜に居酒屋として営業している時に行った事があったのですが、カウンターにはお酒が並んでいたので、きっと今も夜は居酒屋として営業しているのでしょうか?

 



一階は二席テーブルがあったのですが、ピーク時は相席でのスタイルをお願いしているようですね。





登場です、海老ちく天うどんセット。スープが綺麗です。うどん屋を出そうと決意したのは「この出汁を食べてもらいたくて」というのも理由らしいので期待です。


早速飲むと、カツオ節がめっちゃキマす、非常に濃いです!麺はというと細めで非常にコシが強く、つるっとしており。のどごしもよく。しっかりとした歯ごたえなので、満腹中枢を刺激してる感があり!「あー食ってるなー」という感じをうけます。


これは個人的感想ですが、うどんはあっさり薄めのスープにやわらかめの麺がすきなので、きっと、出汁が効いてコシのあるうどんが好きな方には最高なのではないでしょうか?





そして「海老ちく天」正直、海老ちく天って初めてだったのですが、見ての通りちくわのボリュームがあり海老もしっかりと入ってます。あの「海老小ちゃくて衣でごまかしてる海老天」のようながっかり感はなく、美味しいかったです。これをつまみにお酒もあり!うん、お酒もあり!と思いました。シャケごはんは...皆様シャケご飯を想像してみてください!はーい、その想像通りです!シャケご飯です!





そして牛肉カレーうどん(フライドポテトのせ)です、すごいマジでフライドポテトが添えてありますね。初めて見たよ。思わずうどん無視でポテトを最初に手に取ってしまいました。味はこちらも出汁が強めで、カレーにも負けてないといいますか、出汁の存在感がしっかりとありますね。「一口。あっもう一口」てな具合ですすってしまいました。牛肉も結構ボリュームがありましたよー。


なかなかメニューもバラエティ豊かなので、皆様も自分のお気に入りの一杯を見つけてみてはいかがでしょうか?



おまけ

僕は出張の際は本を持っていく。と決めている。また、本のチョイスは目を閉じ掴んだ本とする。と決めている。

先日出張があり、この謎のルールに従い本を持っていった。

もちろんこのルールに従っているという事は、僕は新幹線内で初めてチョイスした本とご対面するわけなのだが。

その日は筒井康隆 陰悩録-リビドー短編集ーがバックに入っていた

リビドーとは、「性的欲望」や「性衝動」というような意味あいのことだ。かっこいい風に言ってはいるが、簡単にいうとエロエロだ。つまり、僕はエロ本を、約250km/hで走るアルミニウム合金の箱の中で早朝に読むという変態のようなことをするハメになったのである。

この本、正直言うと超くだらない。お下品極まりない作品で、それが最高に面白いのだ。なんといえばいいのだろうか?男同士、いや男子同士でくだらない下ネタを言い合っていて、それを聞いてた女子が「男子って本当にバカね」っていわれちゃうようなバカな話なのである。

個人的には、自慰によるテレポーテーション「オナポート」を編み出した少年の話はおもしろくて、静かな車内で思わず吹き出しそうになったくらいだ。今こうして文字に起こし説明しようとしている自分でも何を書いているのだろう?と思ってしまう始末のお下品さであるが、この「オナポート」が巻き起こす世界というものを日常の世界の何かに置き換えて考えてみると、人間のあさはかさが見えてきて、人間というものは所詮こんなものさ...と真理を付くなにかを感じる。とまでは考えなくても、きっと男性諸君には、このくだらなさの面白さをわかって頂ける作品なのではないだろうか?


関連記事

この記事は参考になりましたか?

Sponsored Link