頭のてっぺん、耳の後ろが痛い?それ、後頭神経痛かも!

epilepsy-623346_1280.jpg

数分に一度、鋭い痛みが右の後頭部を走る。まさにこの画像のように電流が走るような痛み。

「脳の病気か?」悪い考えが頭をよぎった。

ちょうど、歯医者でもらった鎮痛剤が手元にあったので飲んでみるが痛みは止まらない。

色々と検索すると症状がぴたりハマる病名を発見した。

その名も後頭神経痛!


後頭神経痛とは?


急に、首のつけ根から後頭部が「キリキリ」と痛み、頭のてっぺんや耳の上や後ろ(後述する、小後頭神経や大耳介神経領域)にかけて痛みが走る事もあります。
左右いずれかのこともありますが、後頭部全体が痛くなることもあります。
間隔は数秒から数時間で一度痛み出すと数日から数週間継続します。
ひどい時には、頭皮を指やヘアブラシで触っただけで、飛び上がるほど痛がる事もしばしばあります。
片頭痛と違い脈拍と一致しないのが特徴です。


クシで髪をかきあげるだけで激痛が走るんですよ。痛みが走るときは「痛!」って思わず声が出るほどです。もう二度とあの苦痛は味わいたくないので克服した記録を残しておきたいと思います。


参考:後頭神経痛 | 福岡市中央区大濠パーククリニック



後頭神経痛の原因は?


「原因はなんなんですか?」と、眉間に深いしわを刻みながら詰め寄ると、「ラップトップとかデスクトップ使う業種?」と聞かれました(仕事するときはデスクトップで、画面は支柱で支えるタイプのやつ使ってます!)。寝るときの姿勢も(なるべく身体は真っ直ぐに伸ばしてます!)。な~んか首の筋肉に負担がかかるものは、なんでも原因になっちゃうらしいんですね。となれば当然、思い当たることはひとつです。

「スマホの使用は?携帯見るときは首が曲がりっぱなしなんで、もしかしてそれと関係あるのかも」


思い当たる節だらけです。ほぼ毎日、PCで作業後、読書して、風呂場でもkindleを楽しんでいました。首に負担がかかっている状態がずっと続いていたわけです。思い返せば、今まで痛みが出なかったのが逆に不思議です。今後はON・OFFを意識して、休む時はしっかり休もうと思います。


参考:スマホで後頭神経痛。注射20回の地獄を見てきました



後頭神経痛の治療法は?


頭痛は中途半端で困ります。もちろん脳梗塞?などがあれば早急に対処すべきですが、一般的な頭痛であれば我慢しろ!と言われそうです。
しかし我慢できないのが頭痛であり、中でも後頭神経痛は厄介な痛みです。そこで即効性がある後頭神経痛の治療法としてブロック注射が考えられています。
ブロック注射とは、局所的に麻酔薬を注射して血流改善、炎症抑制、緊張緩和により痛みを抑える方法です。


注射は嫌ですね。ギズモードの記事では20本やられたって書いてますし。何とか避けたいところ。他に方法はないのか色々模索しました。


参考:ブロック注射は局所的麻酔薬 | 後頭神経痛について



3つの方法を試してみた!


1.ストレッチ


まずは手始めに、風呂あがりに20分ほどストレッチ、さらにストレッチポールの上に15分寝転がりました。しかし、効果はありませんでした。普段からストレッチはしているので、今回このような結果になったことをとても残念に思っています。ストレッチの仕方が悪かったんですかね。


参考:ゴリゴリの肩こりを解消する究極ストレッチ「肩甲骨はがし」



2.ビタミンB12



ビタミンB12が神経痛に効くということでしたのでドラッグストアに走りました。しかし、やはり薬ではなくサプリメントなので即効性はありませんでした。貧血や不眠にも効果があるということなので継続して飲もうと思っています。


【追記】後日、再び酷い痛みに襲われたので病院に行ったところ、ビタミンB12と脳の血行を良くする薬をもらいました。


参考:メチコバールはビタミンB12 | 後頭神経痛について



3.めぐりズム 蒸気の温熱シート



ついに痛みから解放される時がきました。これを首の後ろに貼って安静にしていたら、いつの間にか痛みがなくなっていました。これからは机の引き出しに常備しておこうと思います。



まとめ


定期的にランニングや筋トレをしていたので肩こりは無いと高をくくっていましたが、実際は酷い肩こりだったようです。運良く2日間ほどで痛みは無くなりましたが、これが1週間、1ヶ月と長引くこともあると考えるとゾッとします。再発しないように体のケアを見直そうと思いました。ホントにいい勉強になりました・・・。皆様もどうかお気をつけください。


この記事は参考になりましたか?

Sponsored Link