脱パワーナップ宣言

history_schlumbohm_07_large.jpg

昼食後の睡魔にはずっと悩まされてきた。
平日であれば眠気と闘いながら仕事をこなしていれば、気付いた時にはお目目ぱっちり。
しかし、休日となると話は違ってくる。
好きなだけ横になることができる!
そうして、いくつもの休日を無駄にしてきた。

毎週末、悪魔が耳元でこう囁くんだもん。
「疲れが溜まってるんだろう。そんな状態で作業しても効率が悪いぞ。」
「急がば回れって言うじゃないか。15分寝るだけでも随分違うんだってさ。」
「パワーナップって聞いたことあるだろう?」
そんな誘惑に負けて仮眠をとると、起きたら数時間経っていたりして、自己嫌悪に陥る。
今年はそんな勿体無いことはしたくないということで、対策を考えてみた。

ずばり・・・コーヒー。
ずっこけた?いや、コーヒーを単純に飲むって話じゃないのよ。
ちゃんとケトルでお湯を沸かして、豆を挽いて、コーヒーを淹れるってのが眠気覚ましに効果的なんじゃないかって思ったわけ。ズージャー(JAZZです)なんかを流しながらやれば、素敵な午後って感じで眠っちゃうのは勿体無いってなるよ。多分、脳にいい感じで刺激が与えられるんじゃないかな。
実際、今日だってこの方法で眠らずにブログ書けてるし。
もしよかったら試してみてよ。他に何かいい方法あったら教えて。

コーヒーの楽しみは道具にもある。オレが使ってるのはこれ。
置いてるだけでキッチンがかわいくなるからオススメ。
コーヒー好きの知り合いがいたらギフトにもいいんじゃないかな。




1.CHEMEX

とにかく、かわいい!
しかも、こいつで淹れたコーヒーは美味い。
縦長に設計されているので、他のドリッパーと比べてお湯が豆に触れる時間が増え、
豆のうまみを最大限に引き出してくれる。6カップ用も欲しい。







2.ハリオ V60 ドリップケトル ヴォーノ

先っちょが細くなっているので狙いやすく、お湯の量を調整しやすいです。
強火でお湯をわかすと取っ手部分が熱くなってヤケドするから、弱火で沸かしてね。
あ、どうでもいいけどテラスハウスのキッチンにもこのケトルあるね。





3.ハリオ V60 ドリップスケール

豆の量とお湯の量は正確に。
2年ほど使っていますが一度も電池交換していません。
耐久性も◎です。





4.Kalita 電動コーヒーミル

小さいけど、力持ち。50gの豆を一気に挽いてくれます。
毎回豆を挽くのは面倒だという人はお店で挽いてもらってね。






おまけ

それでは最高のコーヒータイムをお過ごしください!


関連記事

この記事は参考になりましたか?

Sponsored Link